自己破産が出来ないケースとその対処法は?

自己破産が出来ないケースとその対処法は?

自己破産が出来ないケースとその対処法

 

よく誤解している人がいますが、
自己破産が認められるのは借金が多いからではなく、収入が無くなったからでもなく、
裁判官が「返済不能」と認めた場合だけです。

 

自己破産デメリットと言えば、現在は収入が無いとしても、
これから働いて返していくことができると判断されれば自己破産は認められません。

 

逆に、借金の原因が「免責不許可事由」に該当するギャンブルや投資だったりすると、
免責が許可されないということになっていますが、
最近の裁判官の判断は現実を直視するようになっており、
破産管財人の調査などに誠実に協力し、
経済的に立ち直る意思が強いと認められれば、免責が認められるケースが多くなっています。

 

なお、自己破産の場合は常識的に借金の返済が不能だからこそ申立てているため、
資産や給与が多かったり、負債が少なかったりする場合を除いては、
免責の許可が下りているのが一般的です。

 

現実に、自己破産ができないのは免責の許可が下りないことよりも、
お金が無くて裁判所に費用を払えない、弁護士に報酬を払えないために、
自己破産の手続きが出来ないというケースの方が多くなっています。

 

ただ、現在は「法テラス」を利用すれば、
自己破産における費用面で援助してもらえるようになっているため、
金銭面における問題は解消できるようになっています。

 

ちなみに、給与などの収入のあることが免責の許可の下りない理由であるなら、
自己破産ではなく民事再生の道を選ぶべきです。
民事再生では最低弁済額まで大幅に借金を減額できるため、返済も可能になります。

 

⇒自己破産の無料相談ができるおすすめ法律事務所は?


ホーム RSS購読 サイトマップ