自己破産手続きの流れ ※手続きしよううと思ったらまずはこれ!

自己破産手続きの流れ ※手続きしよううと思ったらまずはこれ!

自己破産手続きの流れは?まずすることは何?

 

自己破産は、人生を再生させるための国が認めた手段です。

 

もし自己破産を考えているようなら、
前もってしっかりと手続きの流れを知っておくことで、
スムーズに手続きを行うことが出来ます。

 

自己破産には2種類あって、
同時廃止手続きと少額管財事件の2つになります。
どちらも破産手続開始決定までは同じ手順になります。

 

どちらの場合でも個人で行うよりかは、
多少費用が掛かっても弁護士に相談する方が良いでしょう。

 

まず、自己破産相談を機にするのに必要な書類を
地方裁判所に提出する必要があります。
(参考:5分でわかる!自己破産申し立ての必要書類

 

書類が受け付けされると破産の審問が行われ、
裁判官から免責不許可事由に抵触する要因の有無など
簡単な質問を受けることになります。

 

それが終わると破産手続開始決定が下ります。

 

ここから、資産の有無などによって管財事件か同時廃止手続きに分けられます。

 

その後、2ヶ月前後の期間の間に手続きが進められ、
場合によっては免責の審問をされて免責の判断が行われます。

 

最終的に破産手続きが終了するまでは、
同時廃止手続きで半年、管財事件であれば1年程度はかかるのが一般的です。

 

しかし、最近では手続きの迅速化によって、
弁護士などが付いていればもっと早く終わることもあります。

 

どちらにせよ、破産するまでにはかなりの期間が掛かるということは覚えておきましょう。

 

何かわからない点や不安な点がある場合は、
法律事務所の無料相談を利用してみるといいでしょう。

 

⇒自己破産の無料相談ができるおすすめ法律事務所は?


ホーム RSS購読 サイトマップ